ニオイセンサーPOLFA(ポルファ)|株式会社カルモア

トップ > 機能紹介

機能紹介

メニュー画面

POLFAのメニュー画面では以下の設定が可能です。

  • 【D.COLLECT】
    データ記録のON/OFF、及び記録間隔の設定
  • 【PEAK HOLD】
    ピークホールドのON/OFF
  • 【BACK LIGHT】
    ディスプレイのバックライトの消灯時間の設定
  • 【CALENDAR】
    日時の設定
  • 【CAL/TEMP】
    カレンダー/ 温湿度表示の切り替え
  • 【INDICATE】
    リアルタイムグラフの縦軸のレンジ変更
  • 【DELETE】
    SD カード内のデータ全消去
  • 【SCALE】
    スケール機能ON/OFF

機能について

  • 本体にデータ記録機能を搭載しました。1秒〜30分の間の任意の間隔で記録可能なため、臭気の状況に合わせて測定可能です。データはcsvファイル形式でマイクロSDに保存されるため、専用ソフトが不要でパソコン処理が可能です。

  • 測定を補助する簡易の温湿度計を搭載しました。ニオイセンサーは温湿度の影響を受けることがあるため、臭気測定と同時に温湿度を測定することで、後々の評価で役立ちます。

  • 感度が鈍る非常に弱い臭気源を計測する際に使用します。2つの個体で僅かな違いを計測したり、現場で弱い臭気を測る時に使います。

  • 2秒に1回の間隔でセンサー値をプロットして、臭気の強弱をグラフとして表示します。現場で変動する臭気を捉える際に力を発揮します。

  • 測定開始時の空気を基準として、相対評価をすることが可能。また経年使用で測定値にズレが生じてきた際、一時的に数値を基点に戻して計測することが可能です。

  • 測定開始後の最大値を表示維持することが可能です。

ニオイセンサー機能比較表

カルモアの過去に発売したニオイセンサー(カルモアΣ、e-nose、ネオシグマ)との機能比較については、こちらの資料をご覧ください。

ニオイセンサー機能比較表

ページのトップへ戻る